中古厨房機器が売っているところはこんなところです

雑誌やフリーペーパーを見ると、新しく開店したお店の情報が途切れることなく掲載されています。最近はおしゃれなカフェブームに根強いラーメン人気などもあり、開業を夢見る人は大勢いるでしょう。実際、脱サラして自分のお店を開いたという人も珍しくありません。頻繁に取り上げられる話題としても、新しく飲食店を開業することは一種のブームとなっているといえるでしょう。しかし開業するとなると、技術以外にも必要なものとして揃えなくてはいけないものがあります。店舗だけではなく、要となる厨房の機器です。家庭用ではなく規模や性能も業務用として考えておかなくてはいけないため、多額の開業資金も必要となります。そんな時、少しでもコストを抑える方法として中古厨房機器を購入するという選択肢がおすすめです。

中古厨房機器を購入するための方法

例えばラーメン屋を開業したいと考えた場合、業務用の冷凍冷蔵庫、シンク、食洗器、ガスコンロ、麺を茹でるための機器、製氷機などの基本的な機器を揃えなくてはいけません。通常の家電量販店などではあまり見かけないものばかりですが、基本的には厨房機器専門の企業から購入します。なかには実演サービスを行っている企業もあり、こだわりを持って選ぶことも可能です。では中古厨房機器を購入したい場合はどのようにするかというと、まずはネットの通販サイトをチェックすることが一番手軽に行うことができる方法です。厨房機器だけではなく、中古の調理器具やショーケース、レジスターなど幅広い商品を揃えていることが多く、新品の商品と中古の商品の両方を販売している場合もあります。サイトでは画像と値段の他にも年式や性能、どんな状態かなどの説明も記載されているので購入の参考にすると良いでしょう。

イニシャルコストを削減するための中古厨房機器という選択

同じメーカーの商品であっても新品で購入すると数十万円という費用がかかるのに対して、中古の商品であれば年式が多少古いタイプであっても数万円で購入すること可能です。中古厨房機器を購入するということは、イニシャルコストの削減を目指すうえで外すことのできない選択肢といえます。しかし注意しなければいけないこともあります。商品を購入することは出来ても、設置までを請け負ってくれるとは限りません。あらかじめ内装をお願いする業者へ、持込の機器を設置してもらえることは可能かどうかなどを確認しておくことも大切です。また不具合や故障のリスクも意識しておく必要があります。特に冷蔵庫や冷凍庫、食洗器などはモーターの寿命などの理由により壊れやすい厨房機器と言われています。購入する際は保障期間なども含めて、もしもの時の対応はどうかをよく確認しておきましょう。